甘酒のうんちくコーナー





甘酒は、ヨーグルトや納豆、味噌などと同じく「発酵」を利用して作られた伝統的な日本の甘味飲料です。日本版の[飲むヨーグルト]とも言われているとか。

甘酒茶屋の甘酒は、酵素のかたまりである麹菌を蒸した米に繁殖させた「米麹」と米だけで、作っています。麹菌にあるアミラーゼが、ご飯のデンプンに作用してブドウ糖ができ(糖化)、甘みが生まれます。この甘さには、砂糖は入っていないのですよ。もちろん、ノンアルコールです。しかも、この製法は、江戸の昔からずーーっと変わっていません。
ちなみに、「酒粕」を原料に「砂糖」を加えて作る甘酒は、一般のご家庭で作られることが多いですね。これは時間をかけずに濃厚な甘さの甘酒ができちゃう気軽さから広まっています。

冷たい甘酒あります

甘酒は、その昔は「夏」の飲み物でした。冷やしたものや熱いまま飲む習慣があって、俳句では、現在でも「夏の季語」だとか。甘酒茶屋でも夏になると「冷たい甘酒」がお品書きに増えます。
夏バテを防ぐ意味合いもあって、栄養豊富な甘酒は体力回復に効果的だとして、江戸時代には夏の風物詩だったそうです。そして、この箱根山の甘酒茶屋では疲労回復にバッチリと、山を越える旅人におもてなししていた訳です。つまり、今で言う「スポーツドリンク」ですね。

では、どれだけ甘酒には栄養があるのかと言いますと、「飲む点滴」「飲む美容液」「総合栄養ドリンク」とまで言われる程入っています〜。
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸・ビオチンといった天然吸収ビタミンや、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどの必須アミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれているわけで、元気が出ないわけがない!

この1杯は、その1日のエネルギー源。
食物繊維とオリゴ糖で、お腹すっきりとお肌つるりん。
アミノ酸で基礎代謝アップで脂肪を燃やしてダイエット!!

なんだかアヤシ気な栄養補助食品の宣伝みたいですが、科学の理屈なんて知らなくても、江戸よりも昔から「甘酒」の効果を体で知り、愛飲されて来たのです。

茶屋では、お持ち帰り用の甘酒も販売しております。
どうぞ、ご自宅でその効果をお試し下さい。
ご自宅での保管は「冷凍」でお願いします。

 

さらに!「集中力を高める」効果が!
脳の働きを助けるエネルギー源となるブドウ糖と、糖質の代謝効果をあげるビタミンB群が含まれる甘酒は高い集中力向上効果を持つのだとか。
例えば、朝起きてから15分ほどして甘酒を飲めば、午前中から昼過ぎまで、集中力効果が持続するそうです。試験がある日の朝や、集中したい仕事がある日など、いかがでしょうか。

また、疲労やストレスを感じた日は、寝る前に飲むこともオススメです。交感神経の興奮を穏やかにしてくれる働きがある成分が含まれているので、ゆっくりと良い睡眠がとれると期待できます。しかも寝ている間の美肌とアンチエイジング効果も考えたら寝る前に飲みたいですね。

では、科学の力で解明された「甘酒」の効能もお知らせしましょう。

なんと、ガン予防に一役買っているとか。
米麹にあるアスペラチンがガン細胞の増殖を抑えることがわかりました。しかも、髪の毛にも良いそうです。さらに、肌にも良いそうな。

今まで以上に、自信をもって、甘酒をおすすめすることができます。
「甘酒いかがでしょうか〜」

ここをご覧頂けた方に、お礼もかねて、甘酒わがまま注文例をお知らせしましょう。
猫舌の方には「ぬるめにして」や、寒い日の「ショウガ入れて」など、お品書きにはないご注文も承りますので、ためしに言ってみてください。

ちなみに、甘酒は清涼飲料、白酒はお酒(酒税法ではリキュール類)で、割と同じと思われていることが多いですが、まったく違うものなんです。
甘酒茶屋の甘酒にはアルコールは入っていませんので、お車の方も安心してお召し上がり下さい。

冷たい甘酒


1日1杯(約200ml)が適量です。

www.amasake-chaya.jp

-----------------------
箱根町畑宿二子山395-1 TEL:0460-83-6418■営業時間/7:00-17:30■定休日/無休■箱根登山バス「甘酒茶屋」下車すぐ